ご相談の多い症状

HOME > ご相談の多い症状について(癌)

- 癌 -

癌とは

現在は2人に1人が癌になる時代です。私のおじも何の症状もないのに突然、肝臓・腹膜に転移した大腸癌が見つかり余命半年の宣告を受けました。
病院での治療と併用し、漢方、自然製品で身体にやさしい治療と栄養療法をする事で、2年以上も痛み等ほとんどなく、元気に過ごせました。
本人のことはもちろん、患者様を支える家族の思いに寄り添い、じっくりご相談させて頂きます。

癌の主な原因・症状

原因
正常細胞のコピーミス(遺伝子の傷等)が大きな要因とわかっています。
私たちの細胞は日々新陳代謝を繰り返しています。人間の体は37兆2000億個の細胞から構成され、毎日3000億個が生まれ変わっています。つまり、古くなった細胞はアポトーシス(自殺)して毎日入れ替ります。入れ替わるのは1日で行います。その中でコピーミスが発生し異常細胞(癌細胞)が1日約5000個できます。人間には癌を作らせない、増やさない免疫システムの働きがあるおかげで、癌細胞を死滅させてくれます。
しかし、生活習慣、環境、ストレス等で免疫システムの働きが悪くなると、癌細胞が活発になり、新陳代謝をせず増殖の一途を辿ります。 残念ながら現代医学ではCTやMRI等の精密機器でも、なかなか発見されず癌細胞発生から約3年で1ミリ(約10万個)、5年で1センチ(10億個)となり、1センチ以下に発見されるのは「まれ」です。
特徴
  • 癌は、慢性炎症である事が現代医学でわかっています。因みにリウマチ・アトピー・糖尿病・高血圧・高脂血症等、生活習慣病から自己免疫疾患、アレルギーも慢性炎症とわかっています。
  • 新しい血管を作り増殖します。
  • 筋肉の分解因子を増加させ、全身消耗させます。
  • 新陳代謝せず、古くなりサビついたり、傷ついたりしている細胞も自殺せずに生き残り増殖し続けます。
  • 主に糖質を栄養として活動します。

癌治療に役立つもの

最後に

遺伝子の傷を治し、正常な新陳代謝を進め免疫力を高め、癌細胞と戦う力をつける事は病院での治療(抗癌剤、手術、放射線等)とは違う角度で癌治療に役立ちます。
経験豊かなスタッフが心より寄り添い、食養生から生活習慣まで、しっかりフォローさせていただきます。

お客様の声

WEBサイトを見た方は相談料30分無料。
ご予約の方優先となります。