ご相談の多い症状

HOME >婦人科疾患(PMS【月経前症候群】・女性の更年期障害)

- 婦人科疾患 -
(PMS【月経前症候群】・女性の更年期障害)

漢方を使った婦人科疾患
(PMS【月経前症候群】・女性の更年期障害)の治療
東洋医学での考え方

婦人科疾患

漢方において、PMS【月経前症候群】は、気血水のバランスが崩れたり異常が起きることが原因とされています。
つまり、卵巣から分泌されるホルモンの変化と自身の体質、そのときどきの体調が原因にあると考えられているのです。

女性の身体では、子宮内膜や骨盤内の血液循環が変化するために血の異常 (瘀血や血虚)がおこります。
さらに月経の2週間前ごろからのホルモン量の変化によって体内に水分を貯留させることから水滞(水毒)が加わります。
また気の異常を伴うこともあります。
これら「気」「血」「水」のバランスが崩れることから、多彩な症状を呈するPMS【月経前症候群】を引き起こしているといわれています。

五臓で病態を説明した場合
「腎」が子宮の発達を促し、「脾」が消化吸収力や免疫力に関係し、「肝」が内分泌や自律神経系の調節作用をして、子宮に血液が満ちあふれると、月経が周期的に招来すると考えます。
この五臓の異常で生理のリズムが狂うことによって、月経に関係する種々の異常をきたすと考えることもできます。

更年期障害

女性の更年期障害は「不定愁訴」ともいい、漢方では「血の道症」とも呼ばれています。
女性の生涯のうち、成熟期から老年期に移る一時期を「更年期」といい、卵巣機能が低下しはじめ、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減って来る時期です。
更年期がいつ訪れるかは個人差があり、閉経を迎える50歳前後が最も多く、45歳ぐらいから55歳ぐらいまでの約10年間に訪れることが多いようです。
更年期には、はっきりとした原因が見つからないのに「なんだか具合が悪い」といったことや、のぼせ、動悸、発汗、めまい、ほてり、発汗、冷え、めまい、イライラ、憂鬱感など、心や身体に不調(自律神経失調症に近い症状)があらわれます。
最近ではストレスでホルモンバランスを崩すことも多く、30代、40代のプレ更年期障害も増加しています。
また、「うつ」状態を伴う心因的な更年期障害、「男性更年期」も認識されはじめています。

東洋医学では体質や体型、その人の置かれている生活環境に応じて多種多様な漢方薬から、その人に最適なものを処方して治療します。
漢方薬は即効薬ではありません。一人ひとりにあったものを体調に合わせて処方していきます。

PMS(月経前症候群)とは

婦人科疾患

PMS(月経前症候群)とは、“Premenstrual Syndrome”という英語の略称で、生理が始まる前の黄体期(3~10日位前)から起こる、心とカラダのさまざまな不調のことです。
これはいつまでも続くものではなく、生理が始まると自然に消えたり、軽くなるのが特徴です。
この症状はまだまだ認知度が低く、病名を知らずにひとり悩んでいる方も多くいらっしゃいます。
PMSの症状は、200種類以上あるとも言われています。
中でも多いのは、イライラする、怒りっぽくなる、肌が荒れる、ニキビができる、のぼせる、下腹部が張る、下腹部に痛みを感じる、腰が痛い、頭が痛い、だるい、乳房が痛い、落ち着かない、憂鬱な気分になる…などです。
症状には個人差もあります。
それぞれの症状が単独で出る事は少なく複合で現れます。
また毎月同じように症状があるわけではない場合もあります。
ストレスや緊張、疲労が蓄積されると、症状が強くあらわれやすくなる傾向にあるようです。

PMS 月経前症候群代表的症状

身体的症状
  • 下腹部膨満感
  • 下腹痛
  • 頭痛
  • 乳房痛、乳房が張る
  • 腰痛
  • 関節痛
  • むくみ、体重増加、脚が重い
  • にきび
  • めまい
  • 食欲亢進
  • 便秘あるいは下痢
  • 悪心、動悸
  • 過剰な睡眠欲
  • 不眠
精神的症状
  • 下腹部膨満感
  • 下腹痛
  • 頭痛
  • 乳房痛、乳房が張る
  • 腰痛
  • 関節痛
  • むくみ、体重増加、脚が重い
  • にきび
  • めまい
  • 食欲亢進
  • 便秘あるいは下痢
  • 悪心、動悸
  • 過剰な睡眠欲
  • 不眠

PMSの主な原因

PMSがどうして起こるのか、その原因はまだはっきりしていませんが、考えられる要素として以下の3つがあげられます。

プロゲステロン
影響

プロゲステロン(黄体ホルモン)の影響

排卵~生理前に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)によって、脳内物質(GABA) や水分代謝に影響し、体調が不安定になるといわれています。
脳内物質の低下
排卵後、卵胞ホルモンの分泌が減ることにより、セロトニン (喜びを感じる脳内物質)が急激に低下し、ネガティブな気持ちを引き起こすといわれてます。
微量栄養素の欠乏

ビタミンやミネラルの欠乏

PMSの人は、ビタミン・ミネラルの微量栄養素の欠乏状態にあるといわれています。

一説によると、排卵後に訪れる「黄体期」に分泌される女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」の急激な変動が関わっていると考えられていますが肝の機能が低下すると「気滞(きたい)」と呼ばれる気の流れの滞りがおこります。
気滞がおこると全身に気が行き渡らなくなるので、乳房が張る、腹部膨満感等の身体的症状や落ち込む、イライラするいった精神的症状があらわれます。

更年期障害とは

更年期障害

更年期とは、女性の生涯のうち、成熟期から老年期に移る一時期のことを指します。
その時期には、卵巣機能が低下しはじめ、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減って来ます。
更年期がいつ訪れるかには個人差がありますが、閉経を迎える50歳前後が最も多く、45歳ぐらいから55歳ぐらいまでの約10年間に訪れると言われています。

更年期には、はっきりとした原因が見つからないのに「なんだか具合が悪い」といったことや、のぼせ、動悸、発汗、めまい、ほてり、発汗、冷え、めまい、イライラ、憂鬱感など、心や身体に不調(自律神経失調症に近い症状)があらわれます。これを更年期障害といいます。

更年期障害の症状は、ひとつだけが現れるのではなく、今日はホットフラッシュ、昨日はうつ、おとといはひどい肩こり、といった具合に複数の症状が同時に現れることもあります。 最近ではストレスでホルモンバランスを崩すことも多く、30代、40代のプレ更年期障害も増加しています。
また、「うつ」状態を伴う心因的な更年期障害、「男性更年期」も認識されはじめています。

女性の更年期障害 代表的症状

更年期障害

女性の更年期障害の主な原因

女性の更年期障害がどうして起こるのか、その原因はまだはっきりしていませんが、考えられる要素として以下の3つがあげられます。

女性ホルモン
減少

加齢に伴う女性ホルモン(エストロゲン)の減少。

女性ホルモンのエストロゲンが減少することで、その指令を出す脳の視床下部に近い自律神経のバランスが崩れ、全身の更年期障害の症状につながります。
環境要因による
ストレス

夫や子供、姑、職場といった環境要因によるストレス。

夫や姑、家族、職場などの環境がストレスの原因の場合も、ストレスによって自律神経が正常に働かなくなり、更年期障害の症状が出てきます。
気質、性格

生まれもった気質、性格

生まれつきの性格が真面目だったり、神経質な方は、「更年期だから体調が悪くなる」という思い込みや「今までできたことができない」といったストレスから症状が悪化するケースもあります。

漢方では更年期障害の原因の根本は「腎虚」といって、加齢や老化による『腎』の機能の衰えが原因であるといわれています。
『腎』は、身体の機能全体を司る五臓(肝・心・脾・肺・腎)の中で、一番、加齢の影響を受けやすい部分です。
身体全体の機能を束ねる自律神経の機能が壊れてしまうことで、不眠やイライラ、顔のほてりといった、更年期障害の症状が発生してしまうのです。
また、自律神経と腸内環境のも更年期の症状の重さと深く関係するといわれています。

生活面での注意点

漢方薬を飲めば安心という訳ではありません。更年期やPMSは普段の生活や心の問題も関わってくる症状ですので、生活習慣を整えることが大切です。

生活面

睡眠習慣の改善

  • 運動、ストレッチを行う
  • 禁煙
  • 十分な休息
  • ストレス発散
  • ものごとの考え方、受け止め方を変える

婦人科疾患(PMS【月経前症候群】・女性の更年期障害)
 Q&A

PMS(月経前症候群)は漢方で良くなりますか?
はい。良くなります。
月経だけを見るのではなく、体の全体的な弁証(観察)が大切で、毎日の生活スタイルや食事についてもご指導いたします。
生理痛のたびに鎮痛剤を飲んでいると、薬が効きにくくなるのでしょうか?
薬に耐性ができて効きにくくなるということも考えられますが、病状が悪化していたり、他の病気(子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症など)を発症している場合もあります。
更年期障害は漢方で良くなりますか?
不定愁訴は、漢方の得意なところです。
病院で処方されるホルモン剤とは異なり、その方の体質に合わせた生薬(漢方薬)をお選びいたします。
症状が緩和され、快適に更年期を過ごすことができます。
更年期障害の症状が出る年齢は大体何歳ごろからですか?
40代半ば~50代半ばが一般的に「更年期」と言われる期間になりますが、個人差がありますので、早い方だと30歳を過ぎたあたりで、体の不調が出ることもありますし、60歳を過ぎてから不調が出ることもあります。
男性更年期障害も対応可能でしょうか?
可能です。男性更年期は、女性と異なりはっきりとした体調の変化がないため、気づきにくのが特徴で、「年のせい」や「忙しいから」と見過ごされるのがほとんどです。一人で悩まずまずはご相談ください。

※この他にも婦人科疾患(PMS【月経前症候群】・女性の更年期障害)、生理不順、生理痛等に関するご質問などがありましたらお気軽にご相談ください。

お客様の声

  • 疲労感が抜けず、朝も起きられない日が度々ありました。 小さなことでイライラしたり、気分も落ち込むことがあったので、更年期障害ではないかと思い、婦人科を受診しました。
    病院で出された漢方薬を服用しましたが、症状は良くならず、知人から「ぺんぎん薬局に相談してみたら?」と言われて来店し、漢方薬、健康食品を服用。
    2週間過ぎた頃から症状も落ち着き、4ヶ月経った今では、ほとんど症状も治まり、あれほど悩んでいたことがまるで嘘のようです。(48歳 主婦 更年期障害)
  • 冷え性で生理前に腹痛がひどく、鎮痛剤を服用しても治まらず、仕事に行けない日もありました。
    テレビや女性誌で漢方薬がとりあげられているので試してみたいと思い相談しました。
    漢方薬を服用して翌月の生理前には、痛みはあるものの鎮痛剤を服用すると治まる程度で、月を重ねる毎に痛みが楽になり、今ではほとんど鎮痛剤を服用せずに過ごしています。(24歳 会社員 生理痛)

WEBサイトを見た方は相談料30分無料。
ご予約の方優先となります。